ゼファルリンを飲んだ方が良い”3つ”の理由【体験談】 > アルコールとゼファルリンの効果の関係性

アルコールとゼファルリンの効果の関係性


アルコール

ゼファルリンの注意事項にも
『製品の性質上アルコールでの飲用はお避け下さい』

こうはっきり書いてあります。

→ゼファルリン公式で注意事項をチェック

水またお湯でお飲みくださいと言うことなので、アルコールで飲むのは論外。

よく飲み会とかでも、ウコンを飲むように薬などを飲んでしまう人がいますが、
これはとても危険な行為なのです。

アルコールによって、成分が分解されてしまって効果がなくなるのなら
まだ良いかもしれません。

しかし、効果がなくなるどころかアルコールによって

・吐き気
・頭痛
・胸焼け
・動悸

などの副作用のような症状が起こる場合もあります。

アルコールは血流が良くなって冷え性などの緩和するイメージがあるため、
ゼファルリンの成分も血流が良くなれば効果が出やすくなるのでは?

そんな安易な考えはNGです!

効果が高まれば良いですが、成分が効きすぎてフラフラになってしまうと、
急性アルコール中毒などの危険性もないとは限りません。

では、お酒の付き合いが多かったり、毎日の晩酌が欠かせない人は
どうしたら良いのでしょう。

一番良いのは「禁酒」です。

飲み代はゼファルリン代にして、より効果が出やすい環境にする!

これが、正直ベストだと思います。

 

ただ、これができない場合。

飲み会など、アルコールを飲む日はゼファルリンを昼間に飲んでください。

飲み会の後ではなく、前に飲めば良いのでは?と思うかもしれませんが、
きちんと時間を空けるのがポイントです。

それでも効果にはマイナスになってしまうかもしれませんが、
吸収を考えれば、6時間以上は空けた方が良いでしょう。

もちろん個人差があるので、この空ける時間は何ともいえないところです。

アルコールが体内に残りやすいと感じている人は、翌朝のゼファルリンも
少しタイミングをずらすなどの対応をした方が良いでしょう。

逆にアルコールを水のように飲む人でも、同じように間をあけてください。

ゼファルリンをこれから飲もうと思うなら、成功するためにも
『アルコールを控える』ことを心がけてください。

 

ゼファルリン最安値購入
→ゼファルリンを購入するなら正規通販サイトで!